小売電気事業について ビジネスモデル

東京エコサービス株式会社が清掃工場から調達する電気は、ごみの焼却時に発生する熱で蒸気を作り、蒸気タービンを回して発電された電気です。

清掃工場では発電した電気を自家消費します。当社は自家消費後の余剰電力を調達し、小売電気事業者として東京23区のお客様にご使用いただいております。

当社では地域の清掃工場の余剰電力を、地域の公共施設に供給するという循環型エネルギー社会の構築に向けた取り組みを全国的にも早い段階から実施しております。

供給量の推移

東京エコサービス株式会社では平成22年度から小売電気事業を開始し、小中学校及び公共施設を中心に販売電力量は年々増加しております。

今後も、東京二十三区清掃一部事務組合が運営する清掃工場の余剰電力を積極的・有効的に活用し、着実に需要拡大に向けて取り組んでまいります。



地球温暖化対策に向けて

ごみは化石燃料ではないため、清掃工場での焼却時の熱で発電した電気はCO2の発生がゼロと位置付けられております。清掃工場の電気を積極的に調達し、供給することでお客様のCO2削減にも大きく寄与しております。(注)

(注)東京エコサービスでは清掃工場の余剰電力をベース電源としておりますが、清掃工場の点検などによる発電停止時やお客さまがご利用になる時間帯によっては不足する電力を東京ガス株式会社などから調達します。そのため、供給する電気のすべてが清掃工場の余剰電力とは限りません。


新電力事業における弊社電源構成について

平成27年度 東京エコサービス電源構成

平成26年度 東京エコサービス電源構成

電力契約の対象となるお客さま

電力の契約形態は、施設の規模により特別高圧・高圧・低圧の3段階に分かれますが、現在「高圧(6,000V)」で供給されているお客さま対象とさせていただいております。施設規模は中小規模の工場・ビルなどが対象となります。

共同利用プライバシーポリシー

当社は、電力全面自由化に伴い、スイッチング(電気事業者の切替)に必要となる個人情報を共同利用(個人情報の提供または受領)するにあたって、「共同利用プライバシーポリシー」をHP上に掲載いたします。

各種報告書